f4d9447f3dd345dc1ccd0bbecefb6c7a

. コーヒーと一口に言っても、豆や焙煎のレベル、淹れ方、水や温度によってその味は似て非なるもの! . 違うのは分かるけれど、何が違うのかが分からない。 そう思う方は少なくないはず! . 以下の項目に注意してみると、違いが分かるコーヒー通になれるかもしれません。 . 1、香り 実は嗅覚は数百、数千の種類を嗅ぎ分けられるそうです。 フルーツっぽい?ナッツっぽい?香辛料?草木? どんな香りがするかを感じてみるのが一つのポイントです。 . 2、酸味 酸味は好き嫌いがハッキリしていて分かりやすいと思います。 その酸味はフルーティな酸味なのか、ヨーグルトのような酸味なのか。 . 3、コク 舌の上で全体を広げてみると、甘味、塩味、苦味、酸味など 舌がセンターとなって味覚を捉えてくれます。 その質感がまろやか、やわらかい、程よいなどの印象を受けると思います。 . 4、風味 総合的な判断で何かに例えてみると分かりやすいかもしれません。 「チョコレートのような」「ベリーみたいに」「まるでバラのよう」など。 . 自分の好みやコーヒー選びにぜひ参考にしてみてください! . .

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA